いぬのまんまはいぬまんま

ブログが続かない原因をベイビーステップで破壊

f:id:w_c:20180318224717j:plain



この記事、実は約1年ぶりの更新です。

 

以前ははてなproで独自ドメインだったのに、今ではurlにはっきりhatenaの文字が。

金を払えば、もったいない精神で続けられるかと思ったけどそんなことはなかったぜ。

 

過去に投稿した記事の数は3
絵に描いたような3日坊主です。

 

 

 

この状況を打破し、ブログを継続するためには、どうすればいいのか。

僕は依然に聞いた言葉を思い出しました。

 

ベイビーステップ

 

今はそういうテニス漫画があるようですが、その漫画について語る訳ではありません。

とはいえ、おそらくその漫画の内容も今から語る内容とリンクするんじゃないかとは思いますが。


ベイビーステップとは、投げ出したくなるような大きなタスクを成し遂げるための、簡単かつ強力な手法です。

 

 

 


ベイビーステップとは


ベイビーステップとは、
赤ちゃんの足取りのように、小さなステップで物事を進める
ということです。

 

 

人は、大きなタスクに注目したとき、それを成し遂げるために必要な膨大なタスクに圧倒されてしまい、そのタスクを放棄することがあります。

 

身近な行為で言えば、「部屋を片付ける」とか。
部屋中に散らばっている落ちている物全てを、分類しながらあるべき場所に戻す、という作業は、非常に苦痛に思えます。

 

だから片付けを先延ばしにする。

 


そういうとき、「部屋を片付ける」、という全部のタスクにいっぺんに注目するのではなく、今自分が座っている場所の周りだけ片付ける、というタスクに注目してみます。

 

もっと細分化して、自分の左に落ちているペットボルを片付ける、とかでもいいかも知れません。
それぐらいなら、それほど苦痛じゃないですよね。

 

その一つを片付けたら、次の一つを片付けることに注目します。
それも苦じゃないですね。

 

それを繰り返していくと、いつの間にか部屋は片付いています。

 


このように、人は、目の前の小さなタスクをクリアすることにはさほど苦痛を覚えません。

そして大きなタスクというのは、たくさんの小さなタスクで成り立っています。

 

目の前の小さなタスクに注目しながらクリアしていくことで、それほど大きな苦痛を感じることなく、投げ出さずに大きなタスクをクリアすることが出来るのです。

 


どんなに小さな一歩でもいいので、何か小さなタスクをクリアする。
そうすると、その一歩は次の一歩に繋がる。

 

これが、「ベイビーステップ」です。

 


ブログに当てはめる


「ブログを1記事書く」という行為は、慣れていない人にとって、大きなタスクに思えます。

投げ出したくなります。
というか投げ出しました。


だから1年も投稿が空いてしまったんですね。

 


このブログを独自ドメインで再開しようと思ったとき、タスクに圧倒されそうになりました。

 

以下圧倒されるぼく
「まず独自ドメインに戻さな…あ、proにしないと戻されへんのか」
「あーproにするためのポイントってどう買うんやっけ」
「ていうか独自ドメイン自体は生きてるんこれ?」
「それも確認して…生きててもproに戻した後再設定せなアカンやろ…どうするんやっけ」
「ていうかそれ全部やった上で更に記事考えて書いてやっと再開やよな…」
「あああああああああああああああめんどくせええええええええええええええええええええええ」
以上

 


ですから、ブログを再開する、という行為も、ベイビーステップで進めることにしました。

 


まず、
独自ドメインはややこしいから置いておいて、先にまずもうなんか一記事とにかく書いちゃお

何書こう…そうか今まさにやってるベイビーステップのことでええや

構成は…もうええ、とにかくテキストエディタを開く!

それっぽいタイトルをなんか打ち込む!

後は書きながら考えるんじゃああああ

今ココ
です。

 


書きだしてしまえばこっちのものなんです。


だって、ここまで記事を書いて来ましたが、正直もう書くのめんどいんです、マジで。
でもせっかくここまで書いたのに、途中でやめるのはもったいな過ぎるから、僕は恐らく最後まで書くでしょう。

 

投稿の仕方とかもう忘れてしまって、これアップするのもめんどくさいんですけど、書いたのにアップしないってもったいな過ぎるから、僕は恐らくアップするでしょう。

 

 


あなたがこの記事を読んでいるということは、私はもう既に・・・この世に記事をアップしているということね。
そして、この記事がアップされてしばらくしたら、きっと独自ドメインも元に戻っていると思うわ。

 

ここまで読んでくれてありがとう。
この記事を読み終わっても、ベイビーステップのこと・・・忘れないでね。

 

覚えていて。
あなたがテキストエディタを開くとき、記事はもう、上がっているの。

 

今のあなたには何のことだか分からないかも知れないけど、いずれ分かる日が来るわ。
そう、あなたが、毎日・・・テキストエディタを開き続けるなら。

 


まとめ

とにかくテキストエディタを開こう 

 

 

 

 

 

 

 

(無事記事完成)

カフェイン依存症から抜け出すなら、ゴールデンウィーク中がチャンス!

f:id:w_c:20170425212915j:plain

コーヒー好きの多くを悩ませている、カフェイン依存症。

コーヒーの摂り過ぎは良くないとは思いつつも、ついつい飲んじゃう。止められない。

頑張って飲まずにいると、頭痛がしてくる。

 


カフェイン依存症って地味に辛いですよね。
めちゃくちゃ辛い症状が出るって訳でもないから、なんか余計に止められない。

 


そんなカフェイン依存症から抜け出すコツは

  1. カフェインを断つためのモチベーションを高める
  2. 長期休暇を利用する

これです。

 

長期休暇を利用するってなんぞ?ってのは後述するとして、まずはモチベーションを高めるために、カフェイン依存症が貴方にもたらしている悪影響から見て行きましょう。

 

 目次

カフェイン依存症の症状

上に頭痛の例を挙げましたが、他にも症状は様々。

依存症の人は、カフェインを摂取しないでいると

  • 体がだるくなる
  • 頭がぼんやりする
  • 不安になる
  • 集中力がなくなる
  • 眠たくなる

などの症状が現れます。

 


もしかしたら、自分で気づいていないだけで、集中力が無いのは実はカフェイン依存症の症状だった、なんてこともあるかもしれません。


快活に生活するには、カフェイン依存症から抜け出さなければなりませんね。


どうですか?抜け出すモチベーション高まってきましたか?

 

 

離脱症状が辛い

抜け出すのを難しくさせている要因はこれです。

ウィキペディア先生によると

摂取を中断した場合の離脱症状としては頭痛が一般的であり、12 - 48時間以内に出現し、2 - 4日以内に消退する。他の症状としては眠気、集中力の減退、疲労感、不安、抑うつ、運動遂行能力の低下、発汗、嘔気、カフェイン摂取の渇望などがある。

 カフェイン中毒 - Wikipedia

とのこと。

要するに、辛い、長い。


「今日からカフェイン止めるぞ!」
と思っても、4日間も頭が痛かったり集中力が無くなったりされたらたまりません。

 

だって社会人だもの。

 

仕事に支障が出てしまう。これはいけません。
でも、もし仕事が何日も休みだったら?

 

 

ゴールデンウィークを利用しよう!

そう、ゴールデンウィーク中に止めればいいのです。
そうすれば、どれだけ離脱症状が出ようが関係ねぇ!やったぜ!

 

…え?せっかくの旅行が満喫出来なくなるって?

 


知らんがな!

 


ここまで真面目に語っておいて、急にぶん投げるスタイル。
雑だと思うかも知れませんが、だってどっかで止めなきゃなんないじゃん!

 

 

そもそも自業自得じゃん!

 

 

一旦なったら、抜けるのは難しい、それが依存症です。
これに懲りたら、今回のゴールデンウィークでさっぱり足を洗って、適度なカフェインライフを送りましょう。

 


僕も今回のゴールデンウィークで脱カフェインする予定です。
…一緒に頭痛ウィークを送りましょう。

eスポーツ(テレビゲーム)がアジアオリンピック競技に!

f:id:w_c:20170424214717j:plain

テレビゲームが、アジア版オリンピックことアジア競技大会正式メダル種目になるそうです!

2022年に開かれる大会で採用されるようです。すんごいですね。


一口にテレビゲームといってもジャンルは色々ありますが、
今回採用されたジャンルは、タイトルにもある通り、eスポーツというジャンル。

 


でもこの"eスポーツ"って何なんでしょうか。
また、日本は参加するのでしょうか。

 

この記事ではこれらの点について書いていきたいと思います。

 

eスポーツとは

そもそもeスポーツってなんなんでしょうか。ウィキペディア先生によると、

 

エレクトロニック・スポーツ(英: electronic sports)は、複数のプレイヤーで対戦されるコンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称。eSports(eスポーツ)と省略した形で使われることのほうが多い。

エレクトロニック・スポーツ - Wikipedia

との事です。ほえー。

 

まあ要するに対人テレビゲームのことですね。そう言えばいいのに。

 


「テレビゲームの何がスポーツじゃい!子供のおもちゃやろ!そんなんしてんと木登りしろ!」
と言いたくなる方もいらっしゃるかも知れませんが、スポーツという定義は深く広いのです。

 

将棋やチェスなんかも、"マインド(頭脳)スポーツ"っていう立派なスポーツなんですよ。

 


それを考えれば、テレビゲームなんて、画面の中とはいえ野球とかサッカーとかやってたりするんですから、そりゃもう完全にスポーツですわな。

 

 

「スポーツなんやからオリンピックでやってもええやん!素敵やん!」
ってことですね。確かに間違いではない。


…間違いではないですが、今回のニュースには、eスポーツ活性化を願っていた僕も流石に驚きました。
オリンピックて。


もちろん世界規模のオリンピックではありませんが、それでも十分凄い事ですよね。

すごいけどなんかちょっとシュールですね。


オリンピック競技なのに、競技中動かすのは指だけという。

消費カロリーひっくい。確実にスポーツドリンクのスポンサーは付きません。

 

 

日本は参加できない!?

テレビゲームの生みの親と言っても過言ではない日本が、まさかの参加出来ない現状だそうです。


何故なんでしょうか。

 

JOC(日本オリンピック委員会)の加盟団体が無い

日本にはJeSPA一般社団法人 日本eスポーツ協会)という協会があるようです。

サッカーで言うところの日本サッカー協会みたいなもんですね。

 

アジア競技大会に参加するには、JOCに加盟している必要があります。
でも、このJeSPA、まだ認可団体になっていないんです。

 


「団体自体はあるんだったら、認可して貰えばいいだけなのでは?」


と思うかも知れませんが、認可団体になるのにも色々条件があるようで、JeSPAはその条件を満たしていません。

 

 

例えば、その団体が
そのスポーツの国内唯一の代表団体であること
という条件があります。

 

しかし日本には、JeSPA以外にも2つのeスポーツ団体があります。
これじゃ認可は下りませんね。

 

これらの団体はそれぞれの役割が異なっているらしいのですが、大会参加に向けてIOCから統一を求められている、とのこと。

 

 

統一ってそんな簡単な話じゃないですが、参加するためにはどうしても必要。


JeSPAの基本理念は

日本におけるeスポーツの国内普及と世界レベルの向上

協会概要 | JeSPA(一般社団法人 日本eスポーツ協会)

との事ですから、JeSPAが、普及に貢献するためにそれだけの犠牲を払う価値がこの大会にはあると判断するかどうかが、日本の参加不参加を決定する事になりそうですね。

 

 

認可団体になるための条件は、団体数以外にも

  • 国内に複数の支部を持っていること
  • 国内大会を開催していること

などがあるようです。

 

2016年と17年には日本eスポーツ選手権大会が開催されていますし、
国内支部に関しても17年度中に設ける予定だそうですので、このあたりはクリア出来そうですね。

 

挑戦権を得るだけでも、越えなきゃいけないハードルがある。
ゲームの世界も色々大変ですね。

 

 

ゲーム好きには嬉しい話

「ゲームのオリンピック」なんて、幼少期からゲームに親しんできた自分としてはテンション上がります。

もし自分がプレイしているタイトルなんかが採用されたら…Foooo!


どんなタイトルを採用するかはまだ決まっていないようですが、何が選ばれるとしても、是非盛り上がって欲しいものですね。

サイトアフィリをするためにブログを始める

f:id:w_c:20170424015200j:plain

実はこの記事がこのブログの記念すべき初投稿。おめでとうございます。

 

そんなおめでたい初投稿で、がっつりお金の話をします。
というか、ブログを始めた動機を語ろうとすると、必然的にそうなるんですね。
(というかこういうのってプロフに書くのかもしかして…?)

 


タイトル通り、このブログを始めたのは、サイトアフィリをするため。

つまり、

回り道に見えるが、ブログという過程が必要だと思った

ってことです。

 

 

いきなりサイトアフィリは無理

このサイトを立ち上げるちょっと前まで、ブログをやろうなんて思ってませんでした。

普通にサイトアフィリをしようと思ってたんです。

 

ただ、全くの未経験だったので、サイトアフィリについて調べまくりました。

 


でも、やろうと思って色々調べれば調べるほど、初心者にはハードルが高いように思えたんですね。

  • 商品選び
  • テーマ(キーワード)の見極め
  • サイト構成
  • 訴求力のある文章構成

etc...

 


どんなスキルが必要なのかは分かったものの、何一つ持ち合わせていない。

 

まあ、それに関してはブログも同じなんですが、
やはりサイトアフィリの方は成果に関して賭けの要素が大きい。

 

 

例えば、専属アフィリエイターが作ったサイトでも、独自ドメインで立ち上げたサイトがまともに収益を上げるようになるまでには3ヵ月かかるそうです。


3ヵ月ですよ?


それだけの時間をかけてもヤマが外れたり、サイトの質が悪ければ儲からない。
そんな世界です。

 


それでも既に他に十分収益を上げてるサイトがあれば、

「あ~ダメだったか…。まあでもおまるの物販サイトで食っていけてるからいいや」

とか思えるかも知れませんが、全く収益を上げていない初心者が3ヵ月を無駄にするのは、ちょっともう、ほんと無理です。おまるに吐きます。


…どうでもいいけどおまる.comとか意外に儲かるかも知れんな。いや無理かな。いやむしろもうあるかな。

 


まあおまるは置いておいて。

 

そんなこんなでサイトアフィリは、諦めた訳ではないんですが、ちょっとお預け、もしくは別のビジネスと並行してやって、それ一本に賭けるってのをやめようと思った訳です。

 

その別のビジネスというのがブログ。この雑記ブログです。

 

 

ブログという過程の必要性

もちろん、同じだけの収益を上げるならサイトアフィリよりもブログの方が楽だと思った、という訳ではないです。

 

むしろ雑記ブログなんてマネタイズ的に考えればサイトアフィリなんかより滅茶苦茶効率悪いんじゃないでしょうか。

 

 

しかしブログには、そこにしかない大きなメリットがあります。
それは、


徐々に成果を上げながら、ライティングやSEOを学ぶ事ができる


という点です。
この、”徐々に”という部分が非常に重要なのです。

 


つまるところ、モチベーションの問題なのです。
ネットビジネスなんて、よっぽど不得手じゃない限り、前向きに取り組み続けりゃそこそこ成果は上がると思います。

ま、一円も稼いだことないんですけど

 


でも、半年や1年も、成果無しで前向きに取り組み続けられる人がどれだけいるでしょうか。修行僧ですか。


その点、随時更新型のブログなら、反応もまた随時です。

 


徐々に成果を上げていくことで、そう、1円刻みでもいいから、日々成果を上げていくことで、


自分はネットで稼げるんだ!


という実感を築いて行くことが出来ると思うんです。

 


そしてそれと共にSEOやライティングのスキルを身に着けていく。


そうやって土台を固めてから、サイトアフィリにガッツリ取り組んでも遅くはないんじゃないかと思った訳です。

 

 

これが、サイトアフィリをやるためにブログを始めた理由です。

 

続けるのが一番大事

このように、このブログを始めた動機は、基本的に収益を上げるためです。
が、収益の事だけを考えていて続けられるようなもんじゃないんだろうな、とも思っています。


また、何十という記事を書かないうちから反応や収益を期待すべきでない、という事も理解しています。

 


ですから、仕事半分、趣味半分ぐらいのモチベーションで続けて行こうかな…行けたらいいな。
そんな感じです。

 

 

自分で書いてみてなんですが、初投稿が終始金の話ってどうなんですか。
知らんがな。